神筆トップ > 神祭 > 天宮十二宮 七夕の神祭 六 草薙の剣の巻

天宮十二宮 七夕の神祭 六 草薙の剣の巻

  • 2009-09-25 (金) 14:11
  • 神祭

神祭言挙げ   祭主 N.H

遠き世まだ人間も動物も草木も無き世の時代、神世の時代。この地にご降臨され人・草木・動物それぞれが生まれし時。その万物それぞれに意のある心、たとえれば火の気・水の気をお与えくださりそれぞれの万物にその意志をお与えになり、その責任ふまえる為にも今の世まで長き時渡りてすべてをお守りくださいますスサノオの御神様。そして、この方を傍でお支えになりこの世で火の気・水の気、たとえれば上司と部下、親と子、妻と夫など表裏一体となっております対照している物のバランスを調和し平和守ってくださいます妻方様にあらせます、櫛名田比売の御神様。またお二方の御子様でこの地より空に見えます美しき星々、その星々の力を調節されこの地の万物すべてにおける生命力のバランスを調和されておられます事解男の御神様、三神様にN・H、心より申し上げます。

今、時は一九九九年七の月、世で預言者の方々言われる世紀末、人類最後の年、こういう時こそ人類一丸となりて和・平和というものに取りくむべき時でございましょうが、世界のあちらこちらでは戦争がやまず、人や動物の血多く流れ、家族は悲しみにあけくれ隣の北朝鮮の国におきましても昔、日本に受けた虐待の恨み晴らすべくミサイルの準備も進み、北の大国も不気味なしずまりの中、日本の最大の協力国の大国(アメリカ)も和平よりも何かあれば報復する様子。
これでは多くの人々の血が流れることは目に見えている情けなき世、まさに太古魔の象徴とも言われております八俣の大蛇(遠呂智)出たりしで、日本の天皇家の三種の神器の一つでありませる 「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」 、本来ならばこの地の平定を司るこの剣も人々の心の奥底にある争いの心にて、鞘から抜けて空をまわりて人々の血を吸いこんでいる様子でございます。どうかこの宝剣、「天叢雲剣」 今一度鞘にお戻しになられまして本来、この刃お守りくださいます天照大神様に納めて頂き、人の血を吸うことなくこれからも世の平和の為にお力お働き下さいます様、心よりお願い申し上げます。

考えてみればわたくしも、日頃の生活におきましては知らず内に相手を軽蔑したり警戒し、己は負けまいとする心・相手の失敗を己の成功にしようとする心・自分の幸せがこの世で一番と思う心・妬みつらみなど数多くあり、このような心が世界の人々にもあれば知らずして繋がり自らは関わり合いのない戦争というもの造り出しているものだと、今日の今まで気づかずに暮らしておりました情けない次第。今日この日を持ちましてこの様な心をなくしてお祈りさせて頂きます。今一度この日まで人々が気づかずしてこの世の破滅を望んできた心、私ども改心させて頂くと共にお許しくださいまして、今よりも長期に渡りてもこの美しき神々お与えくださいました地球・人・万物に平和の日々お与えくださいます様、心よりお願い申し上げます。蔭よりすべてにお守り下さいます天津神々様国津神々様八百万の神々様をはじめ、長き人々の世の中において多くの戦にてお亡くなりになり、今もこの世の平和望まれお守りくださいますご先祖様方々の中、言葉足らずで無礼多き者ではございますが、この世の平和をただ願う心・真心にてこの度の神祭はじめさせて頂きます。

                                平成 11年 7月 3日  祭主 N・H
                                               参加者一同 

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 スピリチュアル

コメント:1

残九郎 09-11-20 (金) 16:15

そろそろ更新してくださいよぉ~(笑

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://kamifude.com/2009/09/25/post_47.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
天宮十二宮 七夕の神祭 六 草薙の剣の巻 from 神筆 ~筑紫国神示~

神筆トップ > 神祭 > 天宮十二宮 七夕の神祭 六 草薙の剣の巻

検索
Feeds
Meta
あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
神筆携帯版
カウンター

このページの上へ