神筆トップ > 神示 > 天宮十二宮 七夕の神祭 八 草薙の剣の巻

天宮十二宮 七夕の神祭 八 草薙の剣の巻

  • 2010-01-25 (月) 1:05
  • 神示

神示

先にひそかに言葉いださず、この神社(かみやしろ)に縁深く立ち寄られし御神おさまられ先に進まれるが良きこと。 高祖

神示

六の月、年の中にて、この月一度に多くの水、天よりそそぎて、この年川あふれ龍神のして働きあられる御神。今一つにつつの中になられ、おの御祭りつつの中よりの龍神様よりの守りある中。先にと進みて言伝いて人の世に刃つかいて血流し、命水 外に出しても御神々その命守られ時の神の力出すに人の魂なくば先に進めず神社(かみやしろ)前にとらわれし御人々の魂にひそまれ、未だ力出せずお待ちおられし神々もこの日、神社(かみやしろ)前にその姿出されおられし事。 さいか

神示

龍の姿とりてその力天を越える守りにつかれるもこの時、つつの中よりひそかにひそかにあられしこと。紫雲まきてその力出し、祭りに集われし御神も東向かい立ち待たれし事。 さいか

神示

紫雲の中より出られし龍の御神々その神の魂、時に人と神世ゆきかい神祭りにては龍の御姿とられし先ずそのお力おかりいたすに、今一度守られし方々の魂におもどりに頂き、祝いの御酒三神の御神門戸くぐられし事。伝わられし時よりその御酒くみかわし頂きますことと塩の御神より伝いあられし事。 さいか

※戦争終結の神祭の波動で有縁無縁の戦死者五千霊、雲わくように集まられ、梅雨の大雨水守られる龍神、参加者の守護の龍神、縁ある社の龍神、神祭守られる為の神と徳積みを競われる竜神二百体、家の内外まわられ想像もつかなかった事態と化した。祭りを休止し、仏門のR先生に魂鎮めの供養を別室屋にて一時間真言宗でしていただき、皆一同手を合わせる。そののち八大龍王様にお願いし、龍神守護神強き方4名で龍神祭をお願いした。この間、約一時間三十分後ようやくすべておさまり、祭り再開にこぎつける事となった。 ー曹様の手記よりー

神示

龍の御神、この時あとわずかその姿残され、御魂につかれし事、御龍神様守りある中光りの道、これより先、共々にお守り下さる事願われ御酒心こめくみかわし頂きます事、奥より通し、神々の元意に通ずる気持込められ言葉伝われるが良きこと。先ず神と人との世行きかわられし、この度の御祭りまでお守り下さったこと伝い、忘れぬ様進まれるが神祭り後の守りも龍の御神、元意尽くされた光も三神の御神の御神々共に通られし事。これにて人も、龍の御神も三神の御神力合わせられ真の先のさやの宮に美しき剣はおさまられよう。 高祖

神示

さてこの時の、のりと声かすかに響くがすさの男御神の声にて、龍の御神それぞれに人の魂入られし、この度の御祭りにいでられ祭りにて、すさの男の御神の元意 事解男神の元意 くし稲田姫御神の元意伝いいでられし、龍の御神うでに塩の御神より伝わりし事。伝い出でられし曹殿・N殿、共に酒もちて塩の御神より今の時の祭りにて龍の御神に伝いられし共にすさの男の御神のお言葉伝いられし事。龍の御神大なる守あられる中、今しばらく御方々の魂におもどり頂き、塩の御神の伝い後、三神の御神々共にこの御祭りとなられるがよいことかの。 高祖

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 スピリチュアル

コメント:1

右近 10-01-27 (水) 0:03

村雲さま

こんばんは(*^。^*)
「ひそみ居しふちの
龍らも時を得て
雲井に登る
影のめでたさ」
これは、お正月のおみくじにあった神様からのお言葉です。
今年も、八大龍王様を心の支え・糧とし、信神が第一と、日々をより大切に前向きに生きていこうと、強く思いました。
ありがとうございます(m_m)

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://kamifude.com/2010/01/25/post_49.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
天宮十二宮 七夕の神祭 八 草薙の剣の巻 from 神筆 ~筑紫国神示~

神筆トップ > 神示 > 天宮十二宮 七夕の神祭 八 草薙の剣の巻

検索
Feeds
Meta
あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
神筆携帯版
カウンター

このページの上へ