神筆トップ > 神祭

神祭 アーカイブ

西の岩戸神祭⑬

つづく。

雨脚は強さを増すばかり、、、、、

山の物、海の物、根の物、果物。山のように盛り上げて盛りに盛った紙皿も、雨に打たれて今にもお供え物が転げ落ちそうな雰囲気の中。

「これじゃあ祈っている間もずぶ濡れです!少し下がってなるべく皆さん、木の下に入って祈りましょう!!」

あぁ、これが神様と自分たちの距離かと、少し反省しながら。

しかし、”天の気”である”天気”を恨む気持ちもございません。

「とにかく少しでも良い祭りにしないとっ!」

そして、

「健康あってのモノ種。皆に風邪ひかせる訳にはいかない、、、、、」

雨で半分水浸しになったリュックサックから、これだけは忘れてはいけないと印刷してもってきた『西の岩戸 言挙げ』をこれも半分濡れている状態を丁寧に広げて、雨音に負けてたまるかと、大きな声で奏上。

続きを読む

西の岩戸神祭⑫

つづき。

さて、なかなか思いだそうにも記憶障害なのか、もともと記憶力と方向だけには全く自信のない自分は、先ほどY君に連絡とってあの時の内容を再度、思いだしながら記事にさせて貰ってます。実は先日、職場にAさんが遊びに来てくれ、今日は大阪さん改めOさんから電話。ブログの更新催促は以前からあったのですが、ほとんど内容を忘れていた為、これも縁かとY君に電話したところで続けます。

時間にしたら20分、、、いや、30分ぐらいだったのかな?

下から登ってきたY君の姿をみた瞬間は、もうホッとしたというより、今までの人生の中で落とした財布がすべて一度に戻ってきた時のような喜びを感じましたね、、、、、あれ、分かりづらい??

一人でも見つけたら、喜ぼうか怒ろうか、愚痴ろうか、頭の片隅でいろいろ考えていたんですが最初に出た言葉は、「ホッ。」・・・ホント、今までの時間に溜めてた息がフッと漏れて、「ため息」という・・・・・お陰様で実感できましたよ。ありがとうございます。

続きを読む

西の岩戸神祭⑪

つづき。

お供えものは置いて行ってもらいました。さすがにAさんは体力が一番あるとはいえ、さっきは山を一つ登ったばかり。そして、最悪のことを考えたら自分ひとりでも岩戸に行かないといけない。

「わかった。待ってて。」

いや、言われんでも待つよ・・・・・・とにかく、待てるだけ、待つよ・・・・・・・・・。

結局、雨で濡れた山中のベンチに腰を下ろしたまま。体は芯から冷えてきて、前方には山神様が集まる場所がポカンと空いている。

ここで神様に、今の2人が無事かだけでも聞きたかったんですが、こんな危ない場所で通信なんかしちゃったらまたややこしい事になるに決まってる。

チキンな自分は、ただ出来ることは3人の戻りを待つだけ。

恐かったですね、、、、時間は昼間なんですが、雨で湿った山の中に1人ポツンと心配と不安と緊張で、「あ~これも試練の一つなのかなぁ~午前中は順調に行きすぎたもんね、、、、、いや、弱ったな本当に・・・・・・ってか、Aさんも遅い・・・・・・・・・・

続きを読む

西の岩戸神祭⑨

つづき。

「あのですね、Aさん・・・・・・・」

かくかくじかじかと、ここで私が霊視した結果をAさんにお伝えする。

「え~~~!!!全然、わからない・・・・んで、この先どうすればいいの??」

「いや、とにかく首に針が付いて、腰にはベルトが付いてますのでこれでひとまず問題ないでしょ(笑)」

後にAさんが話してくれたことは、祈りの最中思い浮かんだのは家族のこと。そして、Yクン・大阪さん・わたしが三人後ろで並んで祈っていたことは声で気づいて、とても不思議な感じで心強かったこと。まるで家族が並んでいるようで嬉しかったと、そう言ってくれました。

続きを読む

西の岩戸神祭⑧

つづき。

まずは今日の参拝の意味合いから、これからの私たちの抱負まで。

こちらの社の神々様にご報告申し上げ、失礼ながら心ばかりのお酒をお供えししばらく祈ること15分程度。

実は、頂上で思いついたのですが 「それぞれが神様に頂けるものがある」と聞いた時から考えていたんですが、このメンバーで、この神聖な場所であれば大丈夫だろうと祭主、考えをみなさんに伝える。

祈りの途中で、祭主が二回手を叩けば自然に皆が奏上している祝詞を終えてくれる。これは師との神祭で覚えたことですが、なんとなく皆空気を察して祝詞を辞めてくださるのがありがたい。ここでさらなる言挙げや、神様に伺いながら(祈りの内容は良いのか?なにか足りないものはあるのか?)さらに祈り続けたりと忙しい。

こういう時、やっぱり霊台があと2・3人は必要だと本気で考えます。

続きを読む

神筆トップ > 神祭

検索
Feeds
Meta
あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
神筆携帯版
カウンター

このページの上へ