神筆トップ > 神祭 > 西の岩戸神祭⑯

西の岩戸神祭⑯

  • 2019-10-15 (火) 17:58
  • 神祭

つづき。

その時の神示は探さないといけないので、先に経緯と結果のみ、お伝えしておきます。

彦山で繋がった神さまが通る道は、海へ続いていく
今後の地震と、それに伴う津波を少しで減らす為、和らげる為に
岩戸の力はこれからも、海を伝って北に向けて日本を守ってくれる

この様な内容だったと思います。

具体的な内容は、

・糸島の櫻井神社に行く。そこは海嶺界と繋がった扉があるので、開いて貰う
・芥屋の夫婦岩の大鳥居に行き、そこから海に向かって祈ること

祈るのならば、やはりここは日頃、満潮時には海に浸かっている大鳥居の下から祈りたい。

干潮の時間を調べて貰い、そこから逆算して海に行くのは夜中になってしまいました。

それでもY君は車を出してくれ、大阪さんはわざわざこの日の為に再度、大阪から駆けつけて下さる。

定刻となり、まずは櫻井神社へ。

境内で祈らせて頂き、そのまま拝殿・中殿・本殿が三つ並んでいる櫻井大神宮へ足を運び、祈りを通す。

神様の許可を頂き、芥屋の大門 大鳥居へ移動。

お酒を一升、海に流し大鳥居の下より三人並んで祈りを通す。

すみません、急ぎ足になりましたがこれで「西の岩戸神祭」は終わりです。

また記憶が定かではないので、再度、Y君やAさん、大阪さんに確認して間違いがあれば正しておきます。

今日は、祈りの為に山に登ってきました。

この話はいつか機会があれば。

今は台風19号の自然災害の被害報告をニュースで観る度、心を痛めております。

被害に遭われた地域の皆様、お見舞い申し上げます。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 スピリチュアル

コメント:1

金シャチ 19-10-18 (金) 23:04

こんばんは

記事にコメントをして
フト気になり覗いてみました、たまに覗いております…

「西の岩戸神祭」が、お師匠様のご存命中に終わり
今回の英彦山の祈りに続いているのですね(これは、金シャチの感じた事)
村雲さんはじめ、神祭に参加くださったYさんAさん大阪さん
ありがとうございました、お疲れさまでした。

今、外は雨の音がしております、復旧工事もまだまだ途中で被災された方々に、この雨音はどれだけ不安が募るか…お察し申し上げます。
今夜の雨が、被害を拡げない様に、お祈りいたします。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://kamifude.com/2019/10/15/post_110.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
西の岩戸神祭⑯ from 神筆 ~筑紫国神示~

神筆トップ > 神祭 > 西の岩戸神祭⑯

検索
Feeds
Meta
あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
神筆携帯版
カウンター

このページの上へ