神筆トップ > 神示 | 神祭 > 天宮十二宮 桜の神祭 ③ 炎の女神の巻

天宮十二宮 桜の神祭 ③ 炎の女神の巻

話の内容や進行の説明が不足しているまま、神示だけを載せていく事、お許しください。

神示 N・H

もとはと言えば今回の神祭の主旨はの、表と裏の代表の一部である男と女の関係の間に生じる心の食い違い。さて男と女のバランスがくずれている今、お主ら今それぞれになぜ、男は女に何が言いたいのか何を望むのか何を創りて何を求めて何処に行くのか・・・・・・・女は男に――――同じことじゃでまずは人としての言葉、いざなみの命木の花さくや姫に照らしてみて言り上げての。心の部分ではバランスを取りてどちらか上におけば神祭の意味がないでの。まずは神前の前に皆の心を一つにする事。神祭の前の神々に対する挨拶など今までの神祭とようは変わらぬが二神を奉りて他の女神も来るしの、同時に男の神も耳をすますのじゃから言挙げはどちらも上にしてはいかんでのまずはこういう事かの。 かたとき

わしらの願いはただ一つじゃよ。憂い悲しみかのように多くとも人々心より生き、こちらに来ず地に足をつけ歩いておる姿見る事。殺し合う世はわしらは望んでおらんでの、一つに神ごと四月二十五日からはじまりしでの。人の心の代表 O・R、わしらの声伝うN・H、別れて地上におりし事代主の命二つに分れてしもうてはいかんでの。たまには神事以外の話をしての、この後もいくつかの神示あるでの。わしらしかと見届ける事、今三りんの鐘打ち鳴らして神々聞きとめておる事伝うでの。 八

神示 O・R

八つの中に産声あげし人の世のはじまり。五つの光世の示し花。玉流れ一つの社われくだり火の雷の雲の風の中に我の意識一つの道筋指し示し伝う。

この世に生まれた八つの社から産声あげた五つの魂。我、その中の雷・火・風の神一つにこれよりの道しめし社祈りくれる事。我、お主の力の一部となりて朱の剣を授けこの魂を我、心与え青黄まじりおうて一つとなろう。 火雷

我が社、京二つの宮の島と一つの山の神一つにわしら使え、この世に生受けしR、神の意をくんで一つの世示して守る。12の宮の鍵あけし己が魂そこを通りて、一つに我が心その中に宿す。それ一つの約束なり。己の中一つ、もう一つの己あり。このもの、おぬしの真の顔一つ外に呼び出してこの神の力一つに世守りて動かすがよい。 火雷

雲の中よりお主達の中を通りては一つの魂呼び覚まして、一つの力与えて一つの喜び見つけてはこの世をさがにより、有りていまもるとす。これにきすば世は人に有りて心の中によるも又、波の中にただ一つの心を目指し神の探し物さがす役目。これを伝うと人は何を見て何に呼びかけ足を走らすこと有るかと。神々、人に会うもその答え見つからず。そこに全ての神降りて一つの目指すもの探させて一つの己の中にこの力、見たものと伝う。 火雷

神の世に有りても人は人の生き方外して人でなく、欲の中に己をおいておる。一つの自然にこれ巻き込まれし。決して人の意志でもないも、ただ刀ひきよせたは一つに人で有ること伝う。人は神に通じ、そして神も人を見てまた守ること選ぶ。一つの心の中の嵐を神は認めず、しかし塩の神これを許し人の笑う顔みとおて一つの人の守る世作ること人の手にゆだね神、手を下さずに見守る中に一つの掟、ついに破られ塩の神、ここに一つの決断を十二の宮による力かりて人を正す光あてる。 火雷

この時、神の世におるみてしろに、人の心たどり着き一つ救うてくださいと、己の中より叫びて神もこれを一つに聞いて神の世の流す光を人に与えてその苦しみ癒す12の宮。これを人の心をつかさどる12部屋とわけて光を通させ12の心を、この水によって一つに神ながめて、そこに光をおとす。神動きし6の門、この神12全てもなつかしいこと、よびおこして人の神にその願い聞いてのちに12の宮の全てに人の顔写せば、そこに6つの神が虹の剣なげて事は持ちなおすと伝う。 火雷

・・・・・この頃の管理人はようやく師の弟子となり家へ出入りを許されたばかりの頃。この兄弟子達の神祭にも参加も出きず正直申し上げ、神示の内容すらさっぱり解りません・・・・・。

ほとんどの神祭は進行中は終わるまで人に一切漏らさないのが私たちの流儀でもございまして、今、神示を見させて頂いても何か凄い事をやっているのは解るんですが、内容も解らず流れも知らず。各、神様のお言葉は皆さんのそれぞれの解釈にお任せします。

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 スピリチュアル

コメント:1

mami 09-07-31 (金) 11:33

一昨日、つぶやきのほうでコメントいたしました、mamiです。
昨日はお忙しい中、お返事ありがとうございました。
当然ながら、私がすごいからすごい産土神の元に生まれたわけではないので、
管理人様のすごいという言葉が照れくさいやら、心に重いやら…

一方で、こんなに心が重くなったり過敏に反応するのは
「私がすごいわけではない」と言いつつ、実は自慢したい心があったためでないかと反省したり、
反省している自分自身を内心すごいと思っているのではないかと思ったり…
なんて言っている自分の内省力を自慢しているのか・・・とか、堂々めぐり。

そんなことに捉われるなと思いつつ、
ぐるぐる巻きに捉われたまま最初の記事から読みすすんで、
ようやく「火雷」様のお名前にたどり着きました。
「塩の神」様は「塩土老翁」様でしょうか。
神様を案内した人間のお爺ちゃんかと思ってスルーしていましたが…。

若い頃の私ならノストラダムスの4行詩なみに解読に夢中になったかもしれませんが、
今の私には思いも至らぬこととして、
深淵なところで人間を見ている神様方の存在をただ信じ、手を合わせ、
思考して楽しむのではなく、
現実の生活の中で自分の力でできることをやっていこうと思います。

管理人様の記事は(私には)見えない世界のお話なのに、
ふつふつと現実を生きる力が湧いてきます。
まだまだ記事は続くようですので、じっくり読みすすめたいと思います。
展開がとても楽しみです。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://kamifude.com/2009/06/15/post_34.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
天宮十二宮 桜の神祭 ③ 炎の女神の巻 from 神筆 ~筑紫国神示~

神筆トップ > 神示 | 神祭 > 天宮十二宮 桜の神祭 ③ 炎の女神の巻

検索
Feeds
Meta
あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
神筆携帯版
カウンター

このページの上へ