神筆トップ > 神祭 > 西の岩戸神祭③

西の岩戸神祭③

  • 2017-10-15 (日) 0:41
  • 神祭

つづき。

さきほど書かせて貰った、大阪の、略して「大阪さん」。この方との馴れ初め?から書かせて貰えればと。

ご本人から掲載の許可をとる時、

「ストーリーと関係ない所は省いてくれ。」

と言われたのですが、少し関係も無きにしもあらず、、、

なので、簡単にこの大阪さんに触れておきますと、もう何年前だかまだ私が県外に行ったり来たりをはじめた頃の話・・・・・突然メールで、

「ブログを読んだが、ウチの会社に神棚を設置して欲しい。」

とのご依頼を頂きました。いわゆる、神棚奉鎮祭のご依頼です。

福岡市であれば飛んでいきたい所ですが、、、、、

当時は他県だと東京以外は右も左もわからず、きちんとした神職としてのお祀り事ならばかなりのサイズと量の道具が必要になってきますので、、、、、先方にお金の負担もかかることですし、頑なにお断りさせて頂いていた御仁でもございます。

「いや、来て欲しい。」

「いえ、ちょっと難しいです。」

「いや、来て欲しい。」

「いえ、ちょっと無理です・・・・・」

最初は遠回りにお断りしていたのですが、大阪さんも頑として譲りません。
(丁寧語でしたが、全然丁寧じゃない(苦笑))

お互いに意地になって押し問答している時に、偶然にも大阪出張が決まってしまい・・・・

「なら、そのついででいいから来て欲しい。」

「いえ、ついでと申されましても、ついでで出来る仕事ではありませんし・・・・・」

結局、そこまで言ってくださるのならと、ついにこちらが根負けして足を運ばせて頂いた会社の経営者の方です。

さすがに信仰心は篤く、それはそれはもう、「純粋でまっとうな信仰心」を比べれば私は足元にも及ばない方、、、、、いやはや、それを本能的に察知していた?私の勘は思いっきり当たっておりまして(汗)

・・・・まぁ、頑固なのか融通をきかせすぎる方なのか、それ以来大阪に行く度にあちこち連れていって貰ったり、ありとあらゆるご飯を奢ってくれたり、時々頑固者同士、意見がガッツリぶつかりますが、わたしも大阪さん相手だと言いたいことを言わせてもらえる(その1.5倍は返ってくる・・・・・)気の置けない仲だと感じています。

・・・・多分、前世では敵同士だったんじゃないかと(笑)

いろんなご縁を重ね、思いつきでやった今年2月の某ブログの同窓会にもわざわざ来ていただきまして、、、、

その時、師の家に皆で遊びにいかせてもらったのですが、後からわたしは呼ばれて、

「あの人(大阪さん)の念の力は凄いね。」

と一言、おっしゃられておりました。

『祈り手』 として最初に思いついた大阪さんですが、理由は二つあって、

・「祈り」に関して師よりアドバイスを貰っていたようなので、あれからどれぐらい変わられたのか見たかった(大阪さん、すみません・・・・)
・「祈り」の念がパワーアップしていたのなら、これほど今回の神祭で安心できるメンバーはいなかった

でしょうか。

あとはいつもの通り、運を天に任せて。岩戸神祭の一週間前。

「すみません、大阪さん。神祭に祈り手として参加してください。」

まーいろいろお考えがあったようなのですが、こちらは師の受け売りで、ここ一番で天に任せた以上は神様が必要としてくださっていれば何があっても、来る。来ない時は、その時は呼ばれてなかった。

・・・・えぇ、まったくの手抜き&出たとこ勝負の名づけて 『大ばくち作戦』 です。

実はこの作戦。

もう一つのメリットがございまして。

これは今まで誰にも言っていない話ですが。言い訳じゃないのですが。

「よし、神祭をやろう!」と決めた時から、口にした時から、神世でも準備が始まっております。神様と人間の祭りなのです。

そうすれば、必ずと邪魔しようとする勢力が存在していると仮定しております。

それは決して、悪でも邪でもなく、、、、、

これも師の受け売りですが、人間社会でも、皆それぞれに違った正義があるように、視えない世界でもいろんな勝負や葛藤があっているハズなのですね。

「隙を与えない。無駄なく、確実にことを運ぶ。」

そうなった場合、人の不必要な欲や迷いは一番の天敵です。

その時間を減らす為にも、私たちが身で感じている「技」でもあります。

もう古い話ですが、ウチの師なんて神様からご依頼があっても、

「ん?これは自分たちのトップである神様のご意思と違う・・・・・」

と本能で感じとったら、その他の神様にも嘘はつけません。必ず祭りは実行しておりましたが、裏の裏の裏までしっかり読んで、他の神様の言質を取り、最終的には 『勘』 を頼りにして他の神様が便乗してくるのを避けて、「神様さえも騙し討ち」 を命がけで行っておりました。

メインの神様からご依頼がくだる
       ⇊
ヒントを元に神祭の準備&実行(&神社参り)
       ⇊
途中、別の神様が便乗してご依頼が来る
       ⇊
しっかり、見極めながら事を進める!

普通の方の感覚であれば、

「なぜ神様が便乗してくるの?」

「その時、メインの神様がそれを教えてくれないの??」

なんて思うのが普通の感覚なのですが、、、、、
(昔はわたしもそう感じておりました(汗))

実は、ここにもカラクリがあって。

長くなったので一旦、切ます。


つづく。

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 スピリチュアル

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://kamifude.com/2017/10/15/post_97.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
西の岩戸神祭③ from 神筆 ~筑紫国神示~

神筆トップ > 神祭 > 西の岩戸神祭③

検索
Feeds
Meta
あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
神筆携帯版
カウンター

このページの上へ