神筆トップ > 用語集 > 祭主(さいしゅ)とは

祭主(さいしゅ)とは

読んで字のごとく、祭りの主(あるじ)ですね。

私達の祭りには大きく別けて 「祭主」 「霊台」 「祈り手」 の3つの役がございます。
特に上下は決まっておりません。そこにはそれぞれの 『役割』 が存在するだけです。

祭りは少ないときで2人、多いときで今まで30人以上の時も過去にございました。

当たり前の話ですが、祭りそのものの主役は 「神様」 と呼ばれる存在。

それはある日、突然に仲間内に神よりの連絡(言葉が下る)があったり、
不思議な体験をしたり・・・・・・・・

「これはおかしいぞ。何かある・・・・・」

となれば祭主は各霊台(神様と通信する役)にお願いして、
それぞれの信じる神や守られる方よりお言葉を頂きます。

私達グループの通信方法は大方は 「紙」 と 「筆」 を使って文字を書く。

中には霊視が得意な方や夢でのお知らせがある方など、
普段は主婦として、サラリーマンとして、学生として、またその時々に縁があった方々など・・・・・・・

・・・・・神様の号令があれば、何かを通して必ず符号が一致するお知らせがあります。

その流れを掴み、各霊台の神からの言葉やそこに潜む意思や想いを
明確に読み取り上記の仲間内に指示を出させて貰う役・・・・これが「祭主」です。

人間であるからにはそれぞれの感情や人格・性格があります。

年齢も立場も性別もバラバラ。日頃の仕事でも繋がっている事はほとんどありません。

更にいえば、それぞれ導く神も違い、また神様に対する想いも人それぞれ。

唯一の繋がりといえば・・・・・・

『神様に対する純粋な想い』 と『縁』

・・・・・・オーバーに言えばその二つだけです。

これを祭り前までにいかに上手くまとめ、どの神様の意見も無視することなく
人の想いも流れを作り、一滴一滴の神の想いも人の想いも寄りあわせ
祭り当日には大きな大河の流れとして想いを統一させ、神世に送る。
人の思いを届ける。

それが祭主の仕事、祭主というものの役割です。

何度もいいますが、「役割」はあっても「人間的な上下」は存在しません。

この 「祭主」 「霊台」 「祈り手」 の3つの役がはじめて一つとなった時・・・・・
・・・いえ、お祭りの祈りの中で一つとなる時に・・・・・・

はじめて、神も人も 『良い祭りだった』 と心から思えるのです。

神様より指定のあった神社へ、その祭りの主役の神様をお迎えに上がる時。
神社でまずは挨拶よりはじめ祭りの主旨や願う結果をあからじめ 『言挙げ』として伝える役。
その進行を見守り、すべてにおいて心を尽くす役。

簡単に言えば、「良い祭り」になるか「ただの祭り」になるかの責任を自分の背にからう・・・・・・

これが祭主と呼ばれる人の役割です。

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 スピリチュアル

コメント:2

越後人民 09-05-10 (日) 14:23

こんにちわm(__)m

コメント書いて、入ってないと思ってしまって、何度も書いてすみませんでしたm(__)m

「つぶやき」にも、寄らせて頂きましたが…
本当に、村雲さんのお話はタイムリー過ぎます☆(私個人の状況ですが)
今日も開いて、読んでてザワッと来ました(^_^;
「良い祭」か「ただの祭」か?って、集まる人達の気持ちを、一本の糸のようにより合わせて、大切に紡いで行く…イメージを受けました(^ー^)
皆様それぞれに、役目が有るんですものね!!
…って、ヤッパリって感じで納得しました。そうなんだろうなぁと、最近漠然と感じていたんですけれど(苦笑)
また寄らせて戴きます!有難うございました☆

ゲスト 09-05-10 (日) 21:27

こんばんわ。
30人もの人の気持ちを一つにするって…奇跡ですよね、凄い(゚o゚)!
ところで、神様との通信方法に紙と筆を使うのは何故ですか?
筆書きって難しいですよね…やっぱりボールペンでは失礼なのでしょうか?

それと、祭りを行う時は神社の神主さんには断りを入れるのですか?
スミマセン素朴な質問でした(汗)

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://kamifude.com/2009/05/09/post_10.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
祭主(さいしゅ)とは from 神筆 ~筑紫国神示~

神筆トップ > 用語集 > 祭主(さいしゅ)とは

検索
Feeds
Meta
あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
神筆携帯版
カウンター

このページの上へ